積読とは

積読(つんどく)とは「積んで置く」の「でおく→どく」と「愛読」や「未読」などの「読」との洒落です。書籍を購入しても少しも読まずに本棚などに積んである状態をいいます。

本が大好きで、好奇心が抑え切れずに次から次へと本を購入してしまう貴方。この積読状態は何か間違っている、後ろめたいと思っていませんか。

ノンノン。全く問題ありまセーヌ河。むしろ積読は正しい読書の姿であるとしても過言ではございません。そもそも買わなければ、あとで読もうと思っても読めないのです。なぜその本を買ったのでしょう。買おうと思った時、その本に興味があったのです。その時、買わなければ、その本の存在は忘却の彼方に消え去ってしまうかもしれません。まさに一期一会なのです。

人生を味わい深く豊かにする読書方法、それが積読なのです。

・・・

積読本のご用命は「積読専門書店 書肆ごとう」まで。